性格を変えたかったら姿勢を変えるとはやい。

三つ子の魂百まで、のわたし的解釈。   三才、 背骨のカーブが反りはじめる。 ここまでは、Cカーブから頚椎、胸椎のカーブが順にできている。   姿勢が決まる、ってこと。   姿勢が決まる、ってことは この時点での状態が、成人以降、30〜40才あたりの健康状態に影響する。     そもそも、魂ってなに? ここでいう魂、っていうのは 性根、性質、性格のこと。   姿勢と体質はリンクしていて 体質は性格とリンクする。   姿勢しだいで 短気、小心者、やる気のあるなし、集中力のあるなし、がほぼ決まる。   心理学をまなんだところで...

赤ちゃんの鼻詰まりを解消すること。口呼吸は歯並びに良くないし、自己免疫力も下がるから。

赤ちゃんの鼻詰まりは こまめに解消すること。   口呼吸は 歯並びが悪くなりがち。 姿勢もわるくなる。   イケメン、美女にそだてるなら 美しい歯並びは必須条件。   美しい歯並びは 最高のアクセサリー。   口呼吸は 自己免疫力がさがるし 風邪もひきやすい。     よっぽどなることはないけれど 自己免疫に問題があったら...

赤ちゃんは、愛情をかけて手はかけないこと。

赤ちゃんは やりたいことを やりたいようにさせること。   汚すこと、散らかすこと。 水や食べ物、泥でグチャグチャになること。     赤ちゃんが やりたいようにできない、 あなたがさせたくないのは 置いている環境、が あっていないのかもしれないよ。   汚されるのが嫌な服を着せないこと。 汚れてもいい環境ですごすこと。 自然であること。   自然はいつも、穏やかだ。       知恵を詰め込むより やりたいようにできる環境を 用意しなさい。   せめて、3歳までは。     便利グッズは、不便を先送りする。...

抱っこ紐は背中がまぁるくなるものにしなさい。股関節を開きすぎないこと。

赤ちゃんは、おでこにキスできる高さで抱っこすること。 〔写真:お母さんは抱っこ紐だけで6種類用意した。 素早く抱っこできるもの、脚を健康に保てるもの。などなど〕   抱っこ紐は、背中がまぁるくできるものを。 生まれたばかりの赤ちゃんは 背中がCカーブ。     早くから背中をそらせると ガニ股、股関節の開き、脚の長さの左右差になる。     赤ちゃんのおでこに キスできる高さで 抱っこすること。     低い位置になるほど 股関節が開く。   股関節が開くと 背中が反って 背骨が歪む。   脚の長さに左右差がでる。...