誕生日プレゼントはモノでなく感性に響くものをご紹介していく。

誕生日プレゼントはモノでなく感性に響くものをご紹介していく。

自然と触れる機会をじゃましないこと。 誕生日が近づくと あなたは毎年 誕生日の音楽を流し 歌をうたう。       ふと母は思う。 「誕生日=モノを贈る」 この方程式は 刷り込みなのかもしれない。 誰の?     『誕生日≠モノを贈る』 と、仮定してみる。   . . .   モノを贈るより 日々、感性を磨く環境のギフトを。 土をたべたり 水たまりに入って 靴を泥だらけにしたり。 水遊びを延々と続けて 服がビチャビチャになったり。 ぬかるんだ地面についた足跡を ゆびでなぞったり。 小さいひとはいま 土の柔らかさを...

小さいひとは記憶力がいいから小さなウソをつかないように意識している。

空回りしてるときに 小さいひとがそっと持ってくる絵本。 .   もう一回、もう一回。   なんども、なんどもよむ。 1時間おなじ絵本を読む日もある。 ときどき。 小さいひとの言葉を 軽んじないようにしている。   もう一回、は、できるだけ応えたいし それが難しいときは 正直にできないという。 理由も説明している。     「絵本読んで」   ってわたし、小さい頃 親に言ったことあったかなぁ。   あとでね。 またこんどね。   あとで、は、永遠にこなかった。 またこんどね、の今度はなかった。     それ以来 お願いすることは...

産前に読んだ中で一番良かったほん

産前にどうしても読みたくて 探したけど見つからず 出版社に問い合わせて 取り寄せた一冊。 電話して調べてもらったら 『絶版で残り5冊です。』 っていわれたので 「すごくいい本だから増刷してください!」 ってリクエストした。 いまおもえば、増刷しなくても自分が1冊買ったらそれでいいじゃん、っておもった。 赤面。 再販されたようです、 これを読んでいてよかった。 穏やかで豊かな育児の基礎になりました。 胎教は...

お産は、いきむのではない。ただ脱力して赤ちゃんのタイミングをみとめ待つ

赤ちゃんは、じぶんの力で生まれてくる。 母は、ゆるむことに集中する。 赤ちゃんにどうしてほしいかたずねる。   妊娠中、ひいては、授かるまえから 脱力の練習をしておくこと。   呼吸を吐くことが 脱力につながる。   吐くことを 意識すること。...

首すわりには、前後の首すわりと、左右の首すわりがあるから、両方確認してできたら首すわりが完了しているということ。

3〜4ヶ月で、 首すわりのチェックをしたときに 仰向けの赤ちゃんの 両手に指を握らせて起こすものがある。   これだと前後の首すわりしかみれない。   左右の首すわりは 視性立ち直り反射、を確認すること。     青葉のトコちゃんの先生が とっても参考になる。     赤ちゃんはカラダが柔らかく ゆったりしていたらいつもニコニコ。   赤ちゃんの姿勢や反り返り、緊張がきになったら...