Don't think , feel.経験と実体験を。わが娘が母になったときに伝えておきたいこと、を、書き残しておきます。

靴のおさがりは、もらわないこと。

おとなになった娘へ。 幼児育児

小さいひとには

新しい靴を。

 

おさがりは

くださった子の足と姿勢のクセがついている。

6歳までは

他人の感覚をもらわないように。

 

 

小さいひとは

裸足でそだてなさい。

 

 

靴下(伸縮性のあるもの)でカバーすると

重心がグラつく。

 

感覚が麻痺してくる。

「敏感すぎて、圧迫されてくるしいから鈍麻させたほうがいい」

そう、カラダはいつも、その時々の最善策をかんがえている。

良くも悪くも。

 

 

 

また、小さいひとの足は

どんどん成長するから

靴や靴下はどんどん窮屈になる。

 

かといって、ブカブカだと

安定しない。

 

 

安定しないと、自律神経がブレるから

夜に寝れなかったり

イライラしたり

よく泣いたりする。

 

お母さんも

いつも裸足で散歩しているよ。

 

 

裸足で生活できる文化や

コミュニティができたら

いいな。