ヨーロッパの山奥に

我が家の小さい人たちの健やかな人生のために

村をつくるべく

孤軍奮闘している70代男性と

テレパシーでコンタクトしてるんだけど、

彼のスペックが

至極たかい。

 

たった一人でストーブを作ったり、石の家をたてたり、服を作ったり。

作業の工具もじぶんでつくら、修理するのだ。

 

息子、娘。

あなたと共に

彼らと暮らした日々。

あなたたちのおかげで、過ごせた日々。

 

「事業で成功していっぱいお金を稼いだり使ったりしてきたけど、、

70歳になったいまとなっては

楽しみは小さな命を見守りはぐくむことしかない。

小さな命とかかわれる老人になれて

幸せだ」

とはなしていた。

 

その翌月に、わがやの小さい人のために、村を作る、とスペインに旅立っていった。

.

フットワークかるいし

生命力もたかい。

.

源で生きるひとと共に暮らした期間は

我が家に小さい人、あなたたちがやってきてくれたギフト。

 

 

AIは便利なようで

老後のあなたの楽しみのために

かあちゃんはできる限り

不便な選択をするよ。

 

わたしとあなたの

未来の自由のためにね。

 

知らない土地へ行く時

一つだけ持っていく、としたら

 

時計。アナログと決めている。

 

時を知るためだけでなく

太陽にむけて、方角を調べるため。

 

いま、私は何処へ向かっているのか。

 

 

 

シンプルなものは

自分の能力をエッセンスで加えると

いろんなものに姿を変える。

 

わたしが使え