性格を変えたかったら姿勢を変えるとはやい。

三つ子の魂百まで、のわたし的解釈。

三才、 背骨のカーブが反りはじめる。

ここまでは、Cカーブから頚椎、胸椎のカーブが順にできている。

姿勢が決まる、ってこと。

姿勢が決まる、ってことは

この時点での状態が、成人以降、30〜40才あたりの健康状態に影響する。

そもそも、魂ってなに?

ここでいう魂、っていうのは

性根、性質、性格のこと。

姿勢と体質はリンクしていて

体質は性格とリンクする。

姿勢しだいで

短気、小心者、やる気のあるなし、集中力のあるなし、がほぼ決まる。

心理学をまなんだところで

性格がなかなか変えられないのは

3才のころの姿勢を引きずっているから。

性格を変えたかったら

姿勢を変える、というのがオススメ。

3才の姿勢が100才まで影響を及ぼす。

(このコトワザができた当時の100才まで、っていうのは、しぬまでってことかな)

100才までの健康状態の維持回復は

3才まで遡って考えるんですね。

ってことは?

3才神話、母の元で育てる、ってのは

健康面で観察できるなら実母がベスト。

さっぱり、わからないならプロに任せるのがベター

っていうこと。

保育園に預ける、預けない、でなく

健康的な保育を

できるかどうか、施せるのかどうか、学ぶかどうか、なのでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です