離乳食は、自力でおすわりができるようになってから始めなさい。バンボは使わないように。

おすわり補助具は使わないように。

おすわり筋がついていないのに

無理に座らせることはない。

背骨が歪むから。

背骨の歪みは、自律神経の不調和につながるから。

座れない赤ちゃんは、坐骨が自立していない。

坐骨がたたないと

咀嚼、嚥下ができないよ。

赤ちゃんは自分で座れるようになるときがやがてくる。

そしたら離乳食を始めなさい。

周りの意見に振り回されないように。

早ければいいもんじゃない。

小さい人それぞれの

今の立ち位置を、見てあげて。

必要な環境を、用意すれば

小さい人は、かならずそだつ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です