育児をとおして知りたかったことは新生児〜1歳までの育児が、成長後の自己治癒力に大きく関係してるんだろうなぁっていう根幹。

0−1歳の間に

自己免疫に大きく関係するんじゃないかっていう

視神経とその周囲の筋肉が発達する。

 

視新系や筋肉は、ホルモンの中枢って言われている

脳下垂体のおさまる、蝶形骨を取り巻いている。

 

 

この筋肉って非常に繊細で。

 

できるだけ幼い頃に育てて伸ばしておきたい。

 

成長するごとに、大きな筋肉を使うようになるからこそ

小さいうちに

小さなことをしておいてほしい。

 

 

マリア・モンテッソーリの理論は

育児としてのみならず

脳神経学的、心理学的に整合性のあるものだなって思ってて。

 

ちょうど目の前にいる

小さな人を通して

偉大なる生命の進化と、自己治癒力の力強さを

体感していきたいなって思っています。