しつもん読書:母になるまでに大切にしたい33のこと/吉村正

母になるまでに大切にしたい33のこと/吉村医院・お産の家院長 吉村正 著-吉村医院院長補佐 島袋伸子

 

A.本を読み終わった時に、どうなっていたいですか?

お母さんをもっと楽しめて、その楽しさを実践し続ける人になりたい。

 

B.この本で著者が伝えたいことはなんだと思いますか?

出産までにやっておくといいことが33個ありますよ。

 

 

C.この本に質問を3つ投げかけるとすればなんですか?

1。楽しく楽にお母さん時期を過ごすコツはなんですか。

2。母子ともに元気で楽に出産するコツはなんですか。

3。吉村医院でなくてもできる、自然なお産の共通点はなんですか。

 

 

D.なぜ、この本がここにあると思いますか?

お母さんってなに?
時々、どうしたらいいのかわからない自分がいるから。

E.どんなキーワードが目にとまりましたか?

○宿る命、夫やパートナーに100パーセント誠実になること。

○「すべて心のままに生きよ!」

○「常に純粋に生きなさい!
次があると思うから、中途半端な気持ちで鼻突っ込むで、
うまくいかないんです。
純粋にすべてをたたき込むだもんで、うまくいくんです。
人生には限りがある。そのことを忘れずに。
覚悟を持ってやらんと、純粋なものは得られませんぞ。」

○くしゃくしゃにしよう

○生理は、身体だけではなく、自分の心をみつめ、浄化していく大切なときです。
また、経血の状態や色などを見て、自分が食べてきたものを見直したり、命を継ぐ性としての自覚を深めるときでもあります。

○愛を惜しまない

○「男女平等になって、女性の地位が上がったのではありません。

男並みに引き下げられたのです。

もともといのちを継ぐ女性が、いのちの本質を生きているのであって、

女はいのちをかけて子を産み、

男はいのちがけで奉仕するのが本当である。」

 

F.どんなメッセージを投げかけていますか?

出産までにやっておくといいことが33個ありますよ。

↓ ↓

出産までに手放しておくモノゴトが33個ありますよ。

 

G.一言で言うとどんな本ですか?

私が、あなたが今までやってきたことすべてを

受け入れてオッケーと言えるようになる一冊。

 

ワタシの中の、子産み子育てって何のため?がスッキリする本。

H.どんな「魔法の質問」が生まれましたか?

ほんとうに大切にしたいものはなんですか?

そのために、手放してもいいものはなんですか?

 

__________________________

 

 

命をうみだすこと、繋げること。

 

『シャンパンタワーの法則』

っていうマイルールがあって。

 

自分を満たすことで

接している家族がみたされる。

 

これって、お母さんが側(ハタ)を楽(ラク)にすることかな、って。

 

働く、でなく、側楽。

 

働く、っていうのは

ヒト(他人)のために動く。

 

わたしは

他人を楽しくするよりも

側にいてくれるひとを大切にしたい。

側楽、を、愛の選択をしていきたい。